VOLVOの中古車販売・買取・点検・メンテナンスなら
ボルボ専門店 Doctor.V(ドクターV)

☏ お問合せ電話番号

0120-157-356相談無料

神奈川県相模原市南区上鶴間1-8-3

営業時間

10:00 ~ 20:00(月火木~日)

12:00 ~ 20:00(金)

定休日 水曜日

ボルボ V90 D車 右H 3.0E【当店買取車】 記録簿・取説付

通常価格: 
48.9
ネット特別価格: 
28.9
グレード: 
3.0E【当店買取車】
年式: 
1997年
走行: 
106,200km
車検日: 
-----
排気量: 
3000cc
修復歴: 
なし
車体番号: 
***********785
ドア数: 
5ドア
ハンドル: 
ミッション: 
4AT
色: 
レッドパール
内装色: 
ベージュ本革
PR: 
当店の直接買取車!
電話でのお問合せ
TEL 0120-157-356 10:00~20:00 月・火・木~日曜 12:00~20:00 金曜【定休日】水曜

基本スペック

年式1997年走行距離106,200km
車検-----排気量3,000cc
修復歴なし車体番号***********785
ドア数5ドアハンドル
車輌重量1630kg車輌寸法486cm
175cm
149cm
乗車定員5名
ミッション4AT新車価格4,980,000円
1997年モデル 正規ディーラー車 右ハンドル 上級グレード3.0E ベージュ本革 ウッドステアリング ウッドシフトノブ  チルト&スライド電動ガラスサンルーフ ETC 社外オーディオ(AM/FM/iPod/DVD/USB/AUX) パワーシート シートヒーター ローズウッドパネル 直列6気筒エンジン200ps パワーウィンドウ パワーステアリング デュアルエアバッグ ボディ同色塗装ルーフレール V90クラシック用アルミホイール 前後フォグランプ

コメント

■担当者:鈴木から

【全体の所感】
やはりV90は良い。
そう感じさせてくれる車です。V90で一番人気のグレードは、他車種と同様に「クラシック」なのですが、アルカンタラコンビシートは正直好き嫌いがあるようです。
そんな中、この3.0Eというグレードはクラシックが出るまでの間、V90のトップグレードとして多くの装備を備えた車でした。
ゆったりとしたサイズで作り込まれたフルレザーシートにはパワーシートであり、シートヒーターやむち打ち防止機構など、ボルボが誇る快適、安全装備をフルに詰め込んだ最高級レベルの逸品です。
シートクッションも、これまでのボルボのシートとは一線を画すもので、体が程よく沈み込んである一定のところで支えてくれるとても心地良い作りです。これまでのボルボのシートはクッションが固めであったことが否めず、疲れにくいのは確かなのですが、その固さゆえか、少々滑りやすいイメージがありました。
ですがこのV90のシートはそうしたことを全く感じさせず、リラックスした時間を楽しむことが出来ます。
販売期間が短かったことや高額車輌だった事も影響してあまり数が多くない車だからなのか、この車の良さを語る方が少ないために850や240のようにメインの人気車種とはいきませんが、根強いファンが一番多いのがこのV90なのです。
V90はボルボのトップオブエステートとして開発されました。先代シリーズの960よりも洗練され、ラグジュアリーな装備と快適な走行性能をひときわ充実させている車です。搭載エンジンは200psを発揮する直列6気筒3L DOHC24バルブ1種のみ。しっとりとした走り心地のFR駆動というのも特徴です。最後のFRボルボとしての名に恥じない造りと走りは多くの人々を魅了しました。

惜しまれつつモデルの終焉を迎えたV90でしたが、今年、新たなV90が誕生しました。
現代のV90に劣らぬ旧き良き時代の高級車といわれるこのV90をぜひ味わっていただきたいと思います。

実際に走ってみるとその良さは分かっていただけるのですが、「滑るように走っていく」という表現がぴったりです。
また、キーを回してエンジンを点火した際の吹け上がりの音はなんとも言えず、ファンの心をまずそこでくすぐります。
実際にスタートすると、3リッターの大型エンジンとは思えない静かな走り出し。6気筒エンジンのなせるワザです。
アクセルを踏み込めばぐいぐい車体を押し続け、あっという間にトップスピードに到達。ここまで激しいエンジン音は皆無です。素知らぬ顔をして希望の速度域に到達できるところもお洒落です。

【外装】
240や940などに見られるような押し出し感の強い、高さのあるヘッドライトではなく、スリムでスマートなイメージのヘッドライトです。にもかかわらずエレガントな雰囲気をしっかりと醸し出しているあたり、さすが北欧デザインといったところです。
また、ロングノーズを地で行くデザイン、ボディサイズでありながら小回りの良さはボルボで一番です。
横から見た時にクウォータ―ガラス(荷室の窓ガラス)が一番長く取ってあるのもボルボの伝統。荷室の広さを誇示しているかのようです。

【内装】
実際に、リアシートをフラットに倒せば身長180cmの男性が余裕で就寝できるほどのスペースが生まれます。
ボルボの素晴らしいところは、ラゲッジスペースにも細かい気配りがなされていること。タイヤハウスの出っ張りも小さく、スクウェアなラゲッジルームは箱に入った荷物をより多く積み込むことが出来ます。
そして、カメラマンの方やスタイリストの方など、箱モノの荷物が多いご職業の皆様に愛され、実際にそうしたご職業のお客様に多くお乗りいただいている車です。

ベージュフルレザーシートは、現代の車のようにしっとり柔らかなものではなく、程よく手ごたえのある革で出来ています。
そう書くと硬そうに感じますが、生地の切り分けデザインや縫製によってゆったりとしたとても心地良いシートに仕上がっています。
心地良さを増幅させてくれるのが内装の高級感。ベージュの素材とウッド素材の組み合わせはどことなく北欧の自然を思わせ、イケイケの高級感ではなく、落ち着いた大人の高級感を演出してくれています。

【機関】
最高200psのパワーは、静かに発生してそのままV90を推し進めてくれます。ターボのような瞬発力ではなく、持久力で車を進めてくれる、高級車たるべくして作られたことを実感する乗り心地をお試しください。
タイミングベルト交換のシールがないためドクターVでは交換をお勧めいたしますが、納車整備と同時に行う事で格安施工可能です。お気軽にご相談下さい。